眠くて眠くて仕方ないのにコトバさんがベッドを占拠しているのです